Vol.7
名古屋駅前に誕生した新たなる「サンクチュアリ」

Mar 24 , 2017

3月3日にオープンした「The SECRETCLOSET」名古屋店。1号店である神宮前店の「気心の知れた友人宅のリビングルームのような」雰囲気は、6店舗目にあたる名古屋店ではどのようなイメージになっているのか、ものづくりへの想いがあふれた、新たなる「サンクチュアリ」をご案内致します。

名古屋駅前にそびえたつ超高層ビルミッドランドスクエアの2階。高級メゾンの旗艦店が並ぶフロアに、「The SECRETCLOSET」名古屋店はあります。最初にお客様をお出迎えするのは、ぬくもりを感じさせる大きな木の自動ドア。それが開いた瞬間、目の前に広がるドラマティックな空間に、胸が高鳴ります。

journal_001.jpg

journal_001.jpg

「シンプル、かつ、細部にまでこだわった整った美しさと、自宅のリビングルームのようなあたたかさ、リラックス感。このふたつの要素を、矛盾なくバランスをとって、どんな居心地のよい空間に集約していくか。名古屋店は、200平方メートルという、『The SECRETCLOSET』最大規模のショップとなりますが、その空間の広がり、量感が、"豊かさ"の表現につながるように意識しました」と、店舗デザインを手がけたオーナー、小野瀬慶子は語ります。

床材ひとつ、家具ひとつ、壁に飾る絵ひとつとっても、セレクトに妥協はなく、「素材を決める。他の素材を並べて置いてみて、バランスを確認する。延々とそれを繰り返しすことで、ハーモニーをつくりあげていくのです」。途方もない確認作業の果てに、「The SECRETCLOSET」の世界観は完成しました。

journal_07_003_1.jpg

洋服づくりにおいても同じ。上質な素材の選択、素材の組み合わせ、品格のある色、ディティールへの気配り...。「素材と、『あと1ミリ細く!』というディティールへのこだわりを、しつこく繰り返せるかどうか。独特の"匂い"がわきたつような圧倒的なものになれるかどうかの瀬戸際で大切になってくるのは、洋服づくりでも空間づくりでも、同じ手間と愛情だと思います」

膨大な素材やカラーの中から選び抜かれたアイテムが、「ここしかない」という場所を得たときに生まれるハーモニーが、店内に独特の高揚感と贅沢さを醸し出しているのです。

ここは、上質で、特別な、大人の時間が流れる新しい友人の自宅。心地のよいリビングルームに案内されたような気持ちで、それぞれのコーナーがもつストーリーを感じていただけたらと願っています。6番目の友人、名古屋の「The SECRETCLOSET」を、どうぞよろしくお願い致します。