Vol.12
旅のシーンを彩る"KALITA"の魅力

Jun 8 , 2017

2007年のオープン以来、The SECRETCLOSETを支えてきたのは、世界中から集められた魅力的なブランドの数々です。理想的な大人のワードローブを完成させるのに必要不可欠なものは何か? そんな想いを込めて、世界中のさまざまなブランドの、お薦めのアイテムを選りすぐってきました。そんな中から、今月のJOURNALでは、この夏におすすめしたい2ブランドをご紹介します。

serect_01.jpg



今シーズン、The SECRETCLOSETが新たに展開するのが、ロンドン発のブランド「KALITA」です。出合いはバイヤーチームが見つけたワンショット。直感で"センスが良い"と感じ、デザイナーと直接コンタクトを取ったことが始まりでした。ブランドを立ち上げたのは、ランジェリーデザイナーとして活躍していたロンドン在住のカリタ・アル・スワイディと、元トラベルジャーナリストという経歴をもつバリ島在住のレイチェル・テミリーのふたりの女性。異なるライフスタイルをもつふたりの共通点は、世界中を旅すること。そんな旅の楽しさを熟知したデザイナーたちだからこそ生み出せた、センスを感じさせるリゾートウエアは、必見です。

serect_02.jpg



リゾートウエアといえば、鮮やかな色合いや柄のもの...というイメージですが、「KALITA」のウエアは、ダヴグレーやウォッシュドスカイといった、絶妙なニュアンスカラーが特徴です。肌になじむシックな色調は、着る人の気持ちまで穏やかに和らげてくれるよう。また、日焼けした肌を魅力的に見せる背中を大きく開けたデザインや、歩くたびに美しく広がるように計算されたボリュームたっぷりのスカートなど、クチュールセンスあふれるパターンも魅力です。というのも、「KALITA」のパータンメイキングは、偶然バリ島で出会ったというDiorでクチュールを経験した人が担当。リゾートを心から満喫するための、ドラマチックな演出や、まとうだけでリラックスできるような細部へのこだわりは言うまでもありません。

多面性をもつ現代の大人の女性にとって、「KALITA」は理想のリゾートスタイルを叶えてくれます。この夏のバカンスが待ちきれません。

次回は、日本国内ではThe SECRETCLOSETのみお取り扱いのパリのクチュールブランドをご紹介します。