Vol.13
パリが認めたクチュールメゾン "MAISON RABIH KAYROUZ"

Jun 23 , 2017

今回、ご紹介するのは、本場パリのエッセンスがふんだんに感じられる「メゾン・ラビ・カイルー」。日本ではまだあまり知られていないものの、海外ではすでに高い人気を誇るクチュールブランド。国内では、The SECRETCLOSETだけが取り扱っているという、稀少性の高さも魅力です。

vol13_001.jpg



レバノン出身のデザイナー、ラビ・カイルーは、パリのオートクチュール校を卒業。DiorやCHANELなど、トップメゾンのアトリエで経験を積んだ後、自身のブランド「メゾン・ラビ・カイルー」をスタートさせました。彼の生み出す服は、すべてMade in Franceであること、そしてクチュールメゾン仕込みの高度な縫製・カッティングの技術には定評があり、その実力が認められて、パリ・オートクチュールの招待メンバーにもなっています。現在は、ラスパイユ通りにブティックを構え、スタイルにこだわりをもつパリジェンヌたちからも、注目を集めています。

vol13_002.jpg



数年前、パリに住む友人から「きっと好きだと思う」と強くすすめられて直接アトリエに向かったのが、この「メゾン・ラビ・カイルー」との出会いでした。体にフィットしながらも、流れるような美しいドレープを生み出すパーフェクトなフォルム。また、クチュールでしか用いられないような細やかなステッチ処理など、随所にちりばめられたこだわりに、すっかり魅了されました。

また、ラビ・カイルーは、母国のレバノンで、若手デザイナーを育てる活動にも積極的。独立したばかりのデザイナーに、自身のアトリエの一角を貸してあげたりしています。そういった人の温かさや、ブランドのアイデンティティに共感できることも、出会って以来、The SECRETCLOSETが、毎シーズンセレクトする理由のひとつです。

「メゾン・ラビ・カイルー」の魅力的なアイテムのなかでも、大人の女性にぜひおすすめしたいのが、今季のブランドのテーマである"動き"からインスピレーションを得た、ブラウスやジャケット、ドレスのシリーズです。前後で異なるフォルムとサイドのスリットが、体の動きに合わせて、エレガントな表情を演出。素材は、自然な光沢が美しいシルクコットン。生地をバイヤス仕立てにすることで、彼の生み出す構築的なフォルムを見事に実現しています。

シンプルでありながら、華やかさも持ち合わせた「メゾン・ラビ・カイルー」のアイテムは、オンスタイルからドレスアップまで、私たちのワードローブをぐっと盛り上げてくれます。パリならではのクチュールセンスがあふれる一着との出合いに、ぜひ、足をお運びください。